セスキ炭酸ソーダやクエン酸がさほど広まらない理由は

エコで安価な洗剤ということでセスキ炭酸ソーダやクエン酸がとりあげられてから、もうけっこうな年数が経つと思います。
確かに主婦雑誌ではよく取り上げられるし、主婦ブログではこういったエコ洗剤に替えたという記事をよく見かけます。
でもリアルでは、相変わらずの合成洗剤を使う主婦のほうがまだまだ大多数。
洗剤コーナーを見ても、合成洗剤が幅を聞かせています。
雑誌やブログがいうように、みんながセスキ炭酸ソーダやクエン酸に切り替えたというなら、売り場に占めるシェアも変化があってしかるべきだと思うんですけど。
その理由はまだどこもデータをとっていないので、あくまで周囲を見ての推測ですが・・・。
あたかも主婦の間で広まってますよというのは、メディアやネット上での演出。
そんなのに乗っかっているのはごく一部でしかないということ。
あとは、1度試してみたけど、面倒だったり、やっぱり従来の洗剤のほうが汚れ落ちがよさそうということで、継続して使う人がなかなか増えないこと。
エコを継続するって、けっこう難しいんですよね。脱毛ラボ 12箇所