大阪のおっちゃんは仰山うれしい。突っ込み所満載。

きのう楽しい人類が故郷にいました。昼前くらいに地元の公園でキッズを遊ばしていました。うちのキッズが砂場で遊びたいと言ったので砂場の手法へ向かいました。砂場の周りに柵がしてあり、1ヶ所だけ出だしがあります。出だしもキッズが飛び出さないように玄関になっているのです。そこから入ってキッズを砂場で遊ばして、個人は柵の外側でキッズを見ていました。声をかけられ振り向くと知らないおっちゃんが立っていました。自分の側まできて柵にもたれながらそのおっちゃんは言いました。「こういう柵は自分が作ったんや。」個人は胸中思いました。「でたー。大阪のおっちゃん。」大阪のおっちゃんは自慢したがります。あのビルは自分が建てたんやとかあの投手は自分が教えたんやとかいうおっちゃんがいらっしゃる。お前だけで建てたんちゃうやろとかお前観観客からその投手に向かって言っただけやろとか突っ込みたくなります。公園では話を聞いていたのですが、こういうおっちゃんが市役所の公園課に行って砂場に柵を作れと言ったらしいのですが、そのときは追い返されたみたいで帰ったみたいです。その後公園に来たら砂場に柵があったそうなのです。胸中、お前が作ってないやんけって突っ込みを入れたくなりましたが、凄いですね。を連発してあげておっちゃんをムード思い切り帰らしてあげました。ミュゼ VIO 脱毛