26日に行われたG7伊勢志摩サミットについて!

G7伊勢志摩サミットで、行われた通信を聞いて、ナショナリズム首脳がTAXについて恐怖居残るようで、おんなじキャラですなと親空気がありました。TAXは、国家を取り回すエンジン同然カタチかなあと思います。信念をお互いに交代手答えをだして、いい結果が出たら、ハッピーと待ち望むけど、難しいですね。首相話し合いで現れる度、色々な題材あって、いきなり華やかさになりますね。題材にとっては、詳しい通信だ。熊本地震の通信で心に痛み感じますが、モチベーション出る通信が流れば、全部にとって容易い気持ちになると思いました。G7伊勢志摩サミットで、国家によってどういう手答えがあるのか、期待もって見ていらっしゃる。総理大臣の弁論も、注目ですが、口ぶりや、やり方は、どんなふうに出すのでしょうか。その人の人物が現れるので、おかしい発見できました。吊し上げ的手答えより、お互いに褒めあう手答えも平和につながれば、邦人として、自負を持つことでしょう。と言いたいけど、現在はどうだろうか?と位置付けるお客様になりました。